Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

最近飲んだワイン

最近飲んだワイン

ロンコノーレ

          ロンコノーレ / ディ・レナルド

イタリアの赤ワインでございます。

お中元の時季でありまして、例年のようにご依頼された品物をお届け月する日が続きました。
年齢を重ねいわゆる「終活」の類であるお中元の終いもあるこの頃です。
毎年お受けするご依頼がなかったりがあります。
この夏の配達でもそれらしきことが。
留守を考えての事前の電話。
去年までは詐欺を考慮して「誰からのお届け物」かを確認してからのお受け取りでしたが、今年は「現在この電話番号は使われておりません」のアナウンス。
ならば行ってみよう。
お留守です、しかも天戸が全部閉められてどう見ても住んでない。

施設か病院か?お年寄りの独居の時代を考えさせられます。

お中元とくればのワインです。
ワイン好きなら缶ビールもいいがワインのお中元は嬉しいです。

ロンコノーレ、イタリア フリウリの赤ワイン。
白の生産者として名を馳せるディ・レナルドが造る赤の旨しワイン。

メルロー50%、カベルネソーヴィニヨンとカベルネフランを合わせて25%に北イタリアでは見かける品種のレフォスコを25%で仕込みます。
オーク樽で12ヵ月熟成。
多彩なブレンド、濃厚なパープル・カラー。
ブルーベリーやカシスをイメージさせる果実味。
樽のフレーバーにより甘いバニラの香が包みます。
非常に滑らかで柔らかい口当たり。
最後までしっとりとしたエレガントさが続きます。

見た目も高級感がありお中元にしてもよろしいのではないかと思います。
って言うより、お中元で欲しいなあ。
\1,800(本体価格)                      2019/7/18


フォルティウス

  フォルティウス シャルドネ フェレメンタード・エン・バーリカ 
         / ボデガス・バルカルロス


スペインの白ワインでございます。

7月も半ばの連休ですね、海の日を含めた夏の連休・・ではございますが、梅雨寒が続きます。
海やプールのレジャースポットの悲鳴が聞こえます。
テレビが伝える海にはパラリパラリの人影、水着を着てるのは子供だけ、しかも「寒い~。」
プールに至っては数名の来園者達の貸し切り状態。
ん~、どんだけお日様を拝んでないだろうね。

その連休真ん中、バンド仲間との飲み会、暑気払いでしたが傘をさしての集まり。
冴えないね~の夏の乾杯、始まっちまえば陽気は関係なし。
集合場所でウコン飲んでたリーダーは絶好調、つられてその他も絶好調。
ビールだスパークリングだ白ワインだ赤ワインだと飲みまくりました。
いい歳したオッサンながら良く飲みました。
で、海の日の晩も疲れながらもワインです。

スペインの白ワイン、フォルティウス。
名前が示す樽かけワイン。

グラスを満たす色はけっこうな金色、しっかりした色づき。
浅い琥珀色っていっちゃ大袈裟かなあ。
濃いめのレモン、カリン、アプリコットなどを連想させるフルーツ味。
樽によりナッツのような香ばしさ、後々にロースト感が現れる。
味わい豊かグリップ感バッチリしたワインであります。

この先の天気予報も傘マークが並びます。
溜息の週明けであります。
\1,480(本体価格)                 2019/7/16


コディセ オーガニック ティント

   コディセ オーガニック ティント / ドミニオ・エグレン

スペインの赤ワインでございます。


先日、書きました隣家のお話。
スペインワインのセンダ・デ・ラス・ロカスの時ですのでもう一度そこから読んでくだされ。

住人を見かけなくなってからどれくらい経ったのか、行政は相変わらず動いてない。
時間がかかるとは言われているがドンドン草木は伸びる。
竹も伸びてすでに屋根の高さであります。
3日程前になります、カミさんが「隣で誰かが話しながら何かやってる」の電話。
展開がありました、弁護士だそうです。
店にまで来ていただき話を伺うと、住人の方は昨年に仕事先で急病にて亡くなられたとのこと。
身寄りの方もいないのでこのような事態になったそうです。
仕事先さんなどがどうにか遠縁の方と連絡とれたようで弁護士事務所に話を持ち込んだそうです。

郵便物なども弁護士事務所へ転送されたいたようでポストにあふれることまなかったみたいです。
懸念される害虫、害獣などは住み着いていないとのこと、草木も迷惑がかかるようであればどんどん切ってくださいとも。

近年多くなった孤独死とか事件性がらみは無いことが何よりもホッとするところ。
物件の処分に至るまではしっかりと調査が必要なのでまだ暫く時間もかかるようですが理由が分かって一安心。

一安心とくればの寛ぎのワイン。

久しぶりに入荷のコディセ、パフォーマンスの高い旨しワイン、今回はオーガニックのテンプラニーリョを使ったワインであります。

スペインワインのトップ生産者のひとつエグレン・ファミリーが安定したお手頃価格で高品質のワインを というコンセプトですから、美味しいし安いは当然とするところ。

フルーティさを伝える紫色、グラスの淵にはみずみずしい濃いピンクのような若さもあります。
甘いトーンの柔らかき香り。
やさしいタンニンでスルリ~な飲み心地。
果実味と香りのバランスがマッチして寛げる味わい。

明日から窓越しに見える隣家は主を失くしながらも季節の移ろぎを教えてくれるんだね~。
あまりお付き合いのない方だったけど、ご冥福をお祈りいたします。
¥1,300(本体価格)                       2019/7-/13


グロワール・ド・モンペール

  コート・デュ・ローヌ ヴィラージュ ヴィザン 
                 グロワール・ド・モンペール
        / ドメーヌ・ド・ラ・バスティード
 


フランスの赤ワインでございます.

昨年の11月だったかな、突然お手紙を頂戴したんです。
フランスでワイン関係のジャーナリスト、フランス語の通訳などをされている方から。
体調をやや崩されて日本に帰って来たんだそうで、島田屋の近くに引っ越してきたのでお会いしませんかと。そのご縁でワインを飲む機会がありました。
で、先日、奥様も今日本に来ているとのことで久しぶりにお会いして美味しいシャンパーニュやフォアグラをご馳走になりました。
店の営業終了後に店内でワイン談義などでグビグビとブルゴーニュなども開けての飲み会です。
パリでの暴動の話、フランスの異常気象での高温の話やいろいろと。
私フランス語なんて全くダメですから、奥様の言葉はチンプンカンプンでありましたが、何気な疎通で楽しく時間を過ごしました。

フランスといえばのワインです。

涼しいとこのようなワインがまだまだ美味しい。
フランスはローヌのワイン。
しっかりとしたボディが感じられます。
島田屋で長く扱っているコート・デュ・ローヌのヴィザンを造っているバスティードさんのワインです。
あ、情報では
ヴィザンがアドヴォケイトで92点付けたらしいですよ。
話は戻ってご紹介のワイン、グロワール・ド・モンペール。
シラー95%、グルナッシュ5%です。
初めに甘やかなバニラのトーンが鼻先をくすぐります。
少ししてシラーの魅力が全面にでます。
濃くて丸みあるベリーテイスト。
緻密なタンニンでボリュームがあります、スパイスもシラーならではの質感。
それでも初めに感じた柔らかさがあり、飲んでいて圧倒されるキツさは感じません。
滑らかシルキー、しなやかなボディで美しいワインです。
表現が難しい、シラーらしさとシラーなのにみたいな上質な味わいであります。
¥2,200(本体価格)                     2019-7/7


クレマン デリアンス

     クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット レゼルヴ
           / ドメーヌ・デリアンス


フランスの泡ものでございます。

7月に入っておりますが、なんだかなあな天気。
梅雨ですから仕方ないですが、雨でも蒸し暑いかと思いき雨で肌寒い日もあります。
私の寝床には3種の掛布団があります。
毎晩どれが相応しいか考えるようです。

九州を襲った豪雨は凄まじい勢いでした、避難された方々のもとの暮らしが早く戻られることを祈ります。
地球規模での異常気象である以上、毎年の梅雨前線の位置や降雨量により日本の何処かしらで災害が起きるのでありましょうか。
西日本では梅雨前に台風が発生したりと何でもありな空模様、困ったもんです。
雨とくればのワインです。
雨足ですから客足に繋がります。
暇です。
「ありゃ~、雨だ。 ん~、ワイン飲みたい!」なんて話は聞かないですね。
まあい、晴耕雨読ならぬ晴耕雨飲な夜を送るとしますか。
よし、気晴らしに弾けよう。

クレマンです、泡だよね~。
ブルゴーニュでございますよ、強力な。

デカンター誌のコメントによれば「おそらくあなたはシャンパーニュではないかと困惑するだろう」なる揺さぶられる言葉を添えます、そして93点のハイスコア。

色付きもありキノコ系の香りが立ちます、その辺がチラリとシャンパーニュらしさがよぎるのではないでしょうか。
ピノ・ノワール50%、シャルドネ30%、アリゴテ20%、瓶内熟成18ヶ月。
まさかジメジメなせいでキノコが生えてるんじゃないだろね。
いえいえグラスの中からです。
\2,600(本体価格)                           2019/7/4

&br

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional