Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

店主のブログ

店主のブログ

ラルトレ

        ラルトレ / ラグラベラ

スペインの赤ワインでございます。

様々なニュースが飛び込んできます。
山口県の阿武町でおきたコロナ関連の給付金の誤送金、受け取った24歳の男は返金に応じる態度を急変、一転返金しないと弁護士をたてた。
で、直近の話ではネットカジノで使い果たしたとかな話に。
いくらミスとは言え、それあんたのお金じゃありませんぜ。
返すって言ってたってことは自分のじゃないってのを理解していたんでしょうが、使っちまったってのはなんだよな~。

世界を見渡せば中国ではゼロコロナ政策のためにロックダウン、経済は大混乱。
さっきテレビのニュースでは一人の感染者のために千人を隔離施設に送り込んだとか、マジか!
大国と言うプライドは信じられない事をしでかすんだね。
数年前の電車を埋めちゃった頃となんだ変わらない感じ。
ひょっとして千人を何処かに埋めたりしねえだろうな~。

理解しがたいことが溢れる世の中、なにそれ!と声が出ますね。
あら、ワインの名前もそんな名前? なにそれ!でありま・・せんね。

ラルトレであります、似てますよねぇ、似てない、  あ、そう。
でもよく見てください、なにそれ!なにこれ!と声も出るラベルですぜ。
なんか変だな~な気もするでしょ、そうです男が二人描かれています。
眉間に皺寄せるマフラー巻いた男性、ボトルをひっくり返してみるともう一人、帽子を被った髭の男性が出現します。
実際に手を取ってみないと分かりずらいですが、隠し絵?だまし絵?であります。

カタルーニャのまだ知名度低い産地、コステルス・デル・セグレなり地から登場。
あちこちで研鑽積んだ女性醸造家、ピラールさんがビオデナミで造ります。

ガルナッチャ80%、テンプラニーリョ17%、メルローとマルベックを合わせて3%、フレンチオークで2ヵ月熟成。
赤い果実系の甘やかな香り、柔らかなタッチ、フルーティで程よく深い。

しかしなんでこんなラベルなんですかね。
¥1,738(税込価格)                2022/5/17


フリークショー シャルドネ

    フリークショー シャルドネ / マイケル・デイヴィッド

アメリカの白ワインでございます。

芸能界から寂しく悲しい話が続きます。

俳優の渡辺裕之さん、お亡くなりになりました。
精悍なマスク、鍛えられた肉体で男らしい俳優さんでしたね。
私らの世代じゃ「ファイトー、一発!」のコマーシャルがインパクト大きいです。
たしか、ドラムもメチャクチャ上手い方でした。

悲しみの中、お笑い界からも上島竜兵さんも逝ってしまいました。
自らが選んだ命の行方に芸能界のみならず彼の笑いを画面越しに見てきた視聴者の我々も驚きです。

コロナによる生活環境の変化などでいつしか心の置き方、持ち方に不安も抱くことはあったのかな。
原因などは勝手に想像して語ることは出来ませんが、お笑いの方ゆえに辛いものがあります。

芸能関係の方ってその輝かしさに包まれているだけに表の顔と違う裏に持っている本当の自分との舵取りが難しいのかな。

どっかの大国にもいますね、名前は裏が地味なのかウラジミール、表の顔はド派手にやらかしてる大統領、今やその本性はテロリスト、悪魔とも呼ばれます。
なんとかどうにか止められんのか、このご時世に自分だけの価値観で行う悪行。

あ~。
とは言えいきますか。
表の顔が派手とくればのワインです。
どうです? このジャケ、派手でしょ。
奇抜なラベルと現代のアメリカ・ワインシーンを引っ張るマイケル・デイヴィッドによるワイン。
シャルドネ100%、フレンチ&アメリカンのオークで発酵、熟成は7ヶ月。
アメリカらしい、期待通りの味わい。
バニラ、バター感がしっかりの樽熟感。
口の中に広がる果実味は三日ほど温泉に浸かってやや湯疲れしたレモンのような柔らかさ。
ゆったりと、くゆりと、しっとりとしたテイストが筋肉の緊張をほぐすよう。

表は派手だが裏は染み~るな味わい。
¥3,300(税込価格)                2022/5/12


アソビーオ

     アソビーオ / エスポラン・キンタ・ドス・ムルサス

ポルトガルの赤ワインでございます。

え~、連休も終わりました。
まだゴールデンの真っ最中のお方も多いでありましょうが。
メーデー、憲法記念日、みどりの日そして子供の日を含んでの長き連休。
今年は行動規制も無く多くの人がレジャーや旅行に出かけたようで交通渋滞が凄かったみたいですね。
とは言え、3年ぶりの帰省とか孫の顔を見せに行ったりとかこの機を逃すわけにはいかないといった事情もありましょう。

混雑を避け近所の公園で子供と遊んだりも良いですね、パパママもリラックスできる時間であります。
特に小さな子供さんは何処へ行ったかでなくパパママと遊んだことが大事ですね。
大きくなって「このキャンプ場覚えてる~」なんて聞いても「知らな~い」で終わりってことも。

まあ、それぞれの連休楽しみ方色々です。
子供と遊ぶとくればのワインです。
その名も「遊ぼうよ」で・・はないですね~。
アソビーオでございます。
アソビーオはポルトガルの言葉で口笛だそうです。
ラベルに描かれている産地の谷を渡る風の音が口笛のようだというところから付いた名前。

生産者はエスポラン、アレンテージョとドウロに畑を所有、アソービオはドウロのキンタ・ダ・ムルサスという農園のブドウで造ります。

トウリガナシオナル、ティンタ・ロリス、トウリガフランカといったポルトガル品種のブレンド、フレンチ&アメリカンのオークにて12ヵ月熟成。
しっかりとした黒系ベリーの味わい、ボディがあり力を感じます。
オークのニュアンスにてスパイスや深みも出て果実味とのバランスがきっちりと取れてます。

我が家の息子ちゃん、子供の日って聞いて「お金ちょうだい」だってよ、おい!
¥2,178(税込価格)                       2022/5/7


ラティード・デ・サラ ブランコ

  ラティード・デ・サラ ブランコ / ボデガ・サン・マルティン

スペインの白ワインでございます。

ウォーキングコースに新しい公園ができました。
近年に求められる防災の顔を持つ公園。
災害時に必要な物資を保管したり、避難所としての機能を有したりと憩いの場にもう一つの顔を持っています。
新しい公園は雨水貯水公園であります。
雨水を貯めて災害時に活用する目的を持っています、仮設トイレにしても水は必要ですもんね。

もともとこの公園がある辺りは台風や大雨の時に水が流れ込んでくる地域でもあります、水を集める機能もありますし暮しを守るという向きもあるのでははないでしょうか。
とは言え、芝生も貼られ子供用の遊具もあり、明るくて気持ちの良い環境での時間が過ごせます。
砂場、すべり台、ブランコなどもありご近所の幼児のいるご家庭にはありがたいですよね。
今朝の歩きの時間にも子供がブランコに乗って遊び、お父さんがのんびりとした時間をベンチで過ごしておいででした。
今度ブランコ乗ってみるか・・ダメダメ、ヤバい親父がいると通報されるかもしれんね。


ブランコとくればのワインです。
世界では白ワインをいろんな形で表記します。
ホワイト、ビアンコ、ブラン、そしてスペインやポルトガルではブランコと言います。

ご紹介もブランコです、ラティード・デ・サラのブランコ、白ワインです。

サン・マルティンと言うボデガにて醸造家夫婦のレオン&サラの二人が立ち上げたプロジェクトのワイン。

ブドウはガルナッチャ・ブランカ100%、ステンレスタンク熟成。
小気味良いクリスピーな酸が若い桃のうようなフレッシュさを作ります、時間を経て溶け込んでいき洋梨、バナナのような柔らかなニュアンスを持つ味わいに。

みずみずしい果実味は天気の良い公園で飲みたいです、ですがアルコールはダメでしょね。
¥1,375(税込価格)                2022/4/30


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional